模様づくりのハウツー本

アメリカでパターンデザイナーとして活躍しているジェシカ・スウィフトさんの本「The Crafter’s Guide to Patterns」が、今年発売になりました。彼女は独学でパターンデザインを習得し、現在はフリーで精力的に活動しているクリエイターで、自身のパターン制作や執筆のほか、オンラインでのパターン創作講座なども運営していています。

こ の本、中はもちろん英語なのですが、全ページフルカラーの写真で模様/パターンの作り方が詳細に説明されているので、写真を見ているだけでも、いろんなイ ンスピレーションが得られて楽しいです。私は最近、ニットの制作に時間をかけるようになったので、新しいパターンデザインはあまり作っていないのですが、 こういう本を見ると、DIYでいろいろ作ってみたくなります。彼女のスーパーカラフルな作風がまた、作りたい気分を揚げてくれるせいかもしれませんね。

The Crafter's Guide to Patterns

The Crafter’s Guide to Patterns by Jessica Swift

 

アメリカでパターンデザイナーとして活躍しているジェシカ・スウィフトさんの本「The Crafter’s Guide to Patterns」が、今年発売になりました。彼女は独学でパターンデザインを習得し、現在はフリーで精力的に活動しているクリエイターで、自身のパターン制作や執筆のほか、オンラインでのパターン創作講座なども運営していています。

この本、中はもちろん英語なのですが、全ページフルカラーの写真で模様/パターンの作り方が詳細に説明されているので、写真を見ているだけでも、いろんなインスピレーションが得られて楽しいです。私は最近、ニットの制作に時間をかけるようになったので、新しいパターンデザインはあまり作っていないのですが、こういう本を見ると、DIYでいろいろ作ってみたくなります。彼女のスーパーカラフルな作風がまた、作りたい気分を揚げてくれるせいかもしれませんね。

じゃがいもで作るハンコから、欧米などでは手軽にできるイメージがあるスクリーンプリントの技法まで、ほんとにたくさんのプリント方法が紹介されていて、さらにコンピュータでモチーフにリピート(モチーフが自然に繰り返されるよう、モチーフ画面のつながりを調整する作業)をつけるやり方も載っています。本文は英語ですが、模様好きな人なら、かなり楽しめるはず。

割高とはいえ、一般個人でもデジタルプリントでオリジナル柄のファブリックやステーショナリーを作ることができる時代。こんな本が日本でも出版されたらいいな、と思いながら。

The Crafter's Guide to Patterns

写真で模様作りのプロセスを紹介

The Crafter's Guide to Patterns

さまざまな技法やアイディアがたくさん詰まってます

The Crafter's Guide to Patterns

私のインタビュー記事を載せていただいてます

 

(最新の版では表紙のデザインが変更になっています)

コメントを残す