サンプル織り:チェック柄

リジッドへドルルームを使って織り地のサンプルを作ってみました。まずは気になる糸を選ぶ。それからボール紙に糸を巻きつけた「ヤーンラッピング(yarn wrapping)」というものを作って、配色のバランスを確認。経糸と緯糸をそれぞれどのデザインにするか決めたら、ひたすら織り進めます。

サンプル織りのため選んだ色糸

糸を少しだけ巻いて結んだものを作っておくと、試しに色合わせをするときに便利です

 

サンプル織り途中

サンプルなので端の処理は気にせず、どんどん織っていきます

 

織りサンプルのクローズアップ

 

織り途中

織り途中

織り上がったサンプル

織り上がったサンプルを縮絨したもの

 

糸をボール紙に巻いた「ヤーンラッピング」

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)

 

サンプル織り

サンプル織り

サンプル織り

サンプル織り

サンプル織り

サンプル織り

サンプル織り

サンプル織りの途中

織り機の逆側より

 

織りの道具 杼とはさみ

杼(ひ)とはさみ

 

ヤーンラッピングの状態ではいいと思っていても、こうして実際に織ってみると「なんか違う」がたくさん出てきます。ひとつの経糸デザイン、複数の緯糸デザインを組み合わせたこのサンプル織りから、ひとつでもお気に入りの織り地が見つかればラッキーなのかな。と思います。

コメントを残す